車の免許を取る時には通学と合宿のどっちが良いの?

2020年1月30日

車の免許を取る時には通学と合宿のどっちが良いの?


地元の道路で練習したい人は自動車学校に通学しよう

車の免許の取得方法は、大きく分けて通学と合宿の二つがありますが、仮免許を取得した後に地元の道路で練習をしたい人は、近隣の自動車学校に通学をすることがおすすめです。各地の自動車学校の中には、大学生や専門学生、高校生などを対象に、学割料金を設定したり、追加料金なしで何度でも修了検定や卒業検定を受けられるようにしたりしているところも多くあります。そのため、じっくりと自動車の運転技術を高めたい人は、ベテランの教習指導員が揃っている地元の自動車学校について詳しく調べてみましょう。なお、卒業シーズンの前には、近隣の学校に通う多くの教習生が殺到することがあるため、なるべく技能教習の予約を取りやすい自動車学校を選ぶと良いでしょう。

合宿は長期の休みが取れる人に向いている

合宿で運転免許を取得する方法は、地方の自動車学校で手続きを取る必要がありますが、長期の休みを利用して非日常的な体験をしながら卒業を目指せるという魅力があります。また、合宿免許の教習生を募集している自動車学校の中には、遠方から教習を受けにやってくる学生を対象に、リーズナブルな料金で近場のホテルや民宿などを提供したり、食堂を開放したりしているところもあります。そこで、教習費用をなるべく安く抑えたい場合には、余裕を持って合宿免許の評判が良い自動車学校の資料を請求してみましょう。その他、教習生の人数が年々減少している地方の自動車学校においては、友達同士で合宿免許に参加をする人を対象に、大幅な割引を実施しているところもあります。

合宿免許は、一部事業者では友人や恋人を誘っていけば5千円や1万円のキャッシュバックが受けられるケースもあります。